知平

大槻, 2014.01.01(2014.7.22編集)

Chihei.png

PDF版は、こちら→essay_20140113.pdf
知働化研究会誌Volume2 用ドラフト版は、こちら→chiheiotsuki_20140722.pdf

【はじめに】
 2014年の元旦を迎えるにあたり、現状認識、心づもり、今後の活動の方向性について、赴くままに書いておこうと思い立ち筆をとりました。書くということは、考えを進めるということです。従って、書き始めると、過去との矛盾は問わずに、どんどんへんな方向に行ってしまうかもしれません。随想集のタイトル「知平」は、「知」の「地平線」といった意味合いの造語です。どこまで走っても行き着かない世界が広がっていることを象徴しています。

 一応、この随想全体の骨組みは、哲学から始めて、科学、工学、そして、ビジネスへという流れを想定しています。最後に、いくつか具体的なコンサルティングや一のビジネスソリューションの芽が出てくるとよいと何となく思っています。では、始めていくことにしましょう。

2014年元旦
大槻 繁

【おわりに】
 ものを書くというのは、結構骨が折れるものです。考えをまとめるために書き始めた随想ですが、とりとめもない内容になってしまいました。ここのところ読んだ書籍のリファレンスを残すようにしたことと、方向性についての確認はまとめることができたと思います。あえて絵や図を一つも描かなかったのですが、イメージを膨らませるにはこの制限は効果があったように思えます。

→【哲学のすすめ】
→【使える仏教】
→【知の基盤としての数学】
→【新ソフトウェア宣言その後】
→【これからの予測技術】
→【メタウェアの芽】

 随想集としては6編からなる短いものです。中程の『新ソフトウェア宣言その後』が中心になっています。この宣言は骨格がしっかりとしていて、完備で美しい宣言だと思っています。何かしら新しいことを考えついても、7つの宣言文のどこかに落とし込まれます。『これからの予測技術』と『メタウェアの芽』は、考察にあまり時間をかけることができていませんが、今年は、このあたりをしっかりとしたソリューションにしていければよいと考えています。

 この随想は、今後、具体的にソリューションをつくっていく時の下敷きになるものです。ところどころに妄想やとんでもない勘違いもあると思いますが、追々修正されていくと思います。何かお気づきの点や、アドバイスなどありましたら、存分にお寄せください。

 では、今年もよい年になりますように。

大槻繁


《参考文献》
[Atiyah2010] Michael F. Atiyah, What Is Mathematics?: Selected Essays of Michael Atiyah, 2010.11.25
(マイケル・F・アティヤ, 『数学とは何か?』, 朝倉書店, 2010.11.25)
[Brooks2010] Frederic P. Brooks, Jr., The Design of Design: Essays from a Computer Scientist, Addison-Wesley, 2010.4.1
(フレデリック・P・ブルックスJr, 『デザインのためのデザイン』, ピアソン, 2010.12.25)
[Coxeter1969] Harold Scott MacDonald Coxeter, Introduction to Geometry, 1969.1.15
(H.S.M. コクセター, 『幾何学入門』(上/下), 筑摩書房(学芸文庫), 2009.9.9)
[Fujii2012] 藤井聡, 『プラグマティズムの作法:閉塞感を打ち破る思考の習慣』, 技術評論社, 2012.4.18
[Go2011] 呉智英, 『つぎはぎ仏教入門』, 筑摩書房, 2011.7.25
[Hashizume2009] 橋爪大三郎, 『はじめての言語ゲーム』, 講談社現代新書, 2009.7.20
[Hashizume2011] 橋爪大三郎, 大澤真幸, 『不思議なキリスト教』, 講談社現代新書, 2011.5.20
[Hashizume2013] 橋爪大三郎, 大澤真幸, 『ゆかいな仏教』, サンガ新書, 2013.11.1
[Hirano2010] 平野敦士カール, 『プラットフォーム戦略』, 東洋経済新聞社, 2010.8.12
[Johnson2007] Neil Johnson, Simply Complexity: A Clear Guide to Complexity Theory, Oneworld Publications, 2007
(ニール・ジョンソン, 『複雑で単純な世界:不確実なできごとを複雑系で予測する』, インターシフト, 2011.12.15)
[Kikuchi2008] 菊地奈穂美, 飯泉純子, 亀田康雄, 細川宣啓, 渡辺千恵子, 大槻繁, 『見積り法COCOMOⅡ概説』, SEC Journal Volume12, 2008.1.15
[Krippendorff2006] Klaus Krippendorff, The Semantic Turn: A New Foundation for Design, Taylor & Francis Group,LLC, 2006
(クラウス・クリッペンドルフ, 『意味論的転回:デザインの新しい基礎理論』, 星雲社, 2009.4.1)
[Lakoff2001] George Lakoff and Rafael E. Nunez, Where Mathematics Comes From, Basic Books, 2001.8.7
(レイコフand ヌーニェス, 『数学の認知科学』, 丸善出版, 2012.12.10)
[Matsubara2007] 松原望, 『入門統計解析:医学・自然科学編』, 東京図書, 2007.10.25
[McGrayne2011] Sharon Bertsch McGrayne, The Theory That Would Not Die: How Bayes’ Rule Cracked the Enigma Code , Hunted Down Russian Submarines, and Emerged Triumphant from Two Centuries of Controversy, Yale University Press, 2011
(シャロン・バーチュ・マグレイン, 『異端の統計学ベイズ』, 草思社, 2013.10.29)
[Mesquita2009] Bruce Bueno de Mesquita, The Predictioneer’s Game, Random House Publishing Group, 2009
(ブルース・ブエノ・デ・メスキータ, 『ゲーム理論で不幸な未来が変わる』, 徳間書店, 2010.5.31)
[Michell2009] Melanie Mitchell, Complexity: A Guided Tour, Oxford Press, 2009
(メラニー・ミッチェル, 『ガイドツアー:複雑系の世界』, 紀伊國屋書店, 2011.12.7)
[Nakazawa2006] 中沢新一, 『三位一体モデル TRINITY』, 東京糸井重里事務所, 2006.11.1
[Negoro2013] 根来龍之監修, 『プラットフォームビジネス最前線』, 翔泳社, 2013.12.12
[Okada2011] 岡田章, 『ゲーム理論』〔新版〕, 有斐閣, 2011.11.25
[Otsuki2010] 大槻繁, 『新ソフトウェア宣言概説』,知働化研究会, 2010.7.15
[Otsuki2012a] 大槻繁, 『実行可能知識のデザインプロセス:創造的ソフトウェア開発プロセスΛVモデル』, 日本デザイン学会 デザイン学研究特集号 デザイン思考 Volume19-4, No.76, 2012.12
[Otsuki2012b] 大槻繁, 野口隆史, 『知のフリマのすすめ方』, 知働化研究会, 2012.12.21
[Psec2013a] P-sec, 『ソフトウェア社会の手法基盤と人材基盤』,実践的ソフトウェア教育コンソーシアム WG1 活動報告書(2011年11月〜2013年3月), 2013.3.31
[Psec2013b] P-sec WG2(大槻まとめ), 『仙石社長:知のプラットフォーム講演会解説』, WG2(ソフトウェアの方法論に関する実践知と社会基盤)オプショナルツアー(三技協様訪問), 2013.10.27
[Putnam1995] Hilary Putnam, Pragmatism, 1995
(ヒラリー・パトナム, 『プラグマティズム:限りなき探求』, 晃洋書房, 2013.2.20)
[Randall2012] Lisa Randall, Knocking on Heaven’s Door: How Physics and Scientific Thinking Illuminate the Universe and the Modern World, Ecco; Reprint版, 2012.10.2
(リサ・ランドール, 『宇宙の扉をノックする』, NHK出版, 2013.11.30)
[Ross2011] Ronald G. Ross and Gladys S.W.Lam, Building Business Solutions Analysis with Business Rules, Business Rules Solutions, LLC, 2011
(ロナルド・G・ロス, グラディス・S・W・ラム, 『ITエンジニアのためのビジネスアナリシス』, 日経BP社, 2012.11.26)
[Ross2013] Ronald G. Ross, Business Rule Concepts: Getting to the Point of Knowledge (Fourth Edition), Business Rules Solutions, LLC, 2013
(ロナルド・G・ロス, 『アジャイル経営のためのビジネスルールマネジメント入門』), 日経BP社, 2013.7.29
[Sasaki2006] 佐々木閑, 『犀の角たち』, 大蔵出版, 2006.7.20
[Ses2010] 大槻繁,濱勝巳ほか, 『新ソフトウェア宣言』,ソフトウェア技術者協会, ソフトウェア・シンポジウム2010, ソフトウェアエンジニアリングの呪縛WG, Post Proceedings WG1, 2010.6
[Tachibana2012] 橘玲, 『かっこにっぽんじん(日本人)』, 幻冬舎, 2012.5.10
[Takeda1993] 竹田青嗣, 『はじめての現象学』, 海鳥社, 1993.4.27
[Tomono2006] 友野典男, 『行動経済学:経済は「感情」で動いている』, 光文社新書, 2006.5.20
[Wittgenstein2003] Ludwig Wittgenstein, Philosophische Untersucheungen, Suhrkamp Verlag Frankfurt am Main, 2003
(丘沢静也訳, 『哲学探究』, 岩波書店, 2013.8.29)
[Yamada2004] 山田正樹, 『実行可能知識と様相研究所作品集』
(・実行可能な知識とソフトウェア(1):システムに適した知識の表現方法を
  探る,@IT 記事, 2004.3.17
 ・実行可能な知識とソフトウェア(2):知識とソフトウェアのギャップ、
  それをどう埋めるのか?, @IT 記事, 2004.4.6
 ・知識創造とソフトウェア開発(Software People,Vol.2,2003.4.15)
 ・Software as Executable Knowledge(2006.7.20)),
http://www.metabolics.co.jp, 2004-2006
[Yamada2009] 山田正樹, 大槻繁, 『人働説から知働説へ』, 知働化研究会, 2009.7.15
[Yasutomi2010] 安冨歩, 『経済学の船出:創発の海へ』, NTT出版, 2010.12.2
[Yasutomi2011] 安冨歩, 『生きる技法』, 青灯社, 2011.12.25